学校長挨拶  学校教育目標  時程  学級数・生徒数 本文へジャンプ

「前向き Be positive.」
  ―自主自律のために―


 はじめまして,2年ぶりに校長として,そして20年以上ぶりに熊野町に再びご縁を頂きました。もしかしたら当時の生徒が保護者として再会ということもあろうかと思いますが,今日からここ熊野中学校のすべての人との出会いに「一期一会」の心をもち,これまで本校で積み上げてこられたすばらしい伝統を大切にし,さらに新たな創造をめざしていきたいと思っています。



学校長 坂口 直美
 本校は,日本のみならず世界にも誇る「筆の都」安芸郡熊野町にあり教育活動にも伝統的に「書」は特に大切にされてきました。また熊野町が平成11年に宣言した「教育の町 熊野」(家庭の絆,地域のふれあい,明るく楽しい学校・学ぶ楽しさ・生かす喜びの3本の柱で進める教育行政)のもと,生徒自身が,そして保護者・地域,教職員が誇れる学校となるよう,本校の学校教育目標である「前向き Be positive.」に皆で力を尽くしてきています。
 
 私は,本校の教職員とともに,生徒に「やりきる」こと「挑戦する」ことのすばらしさ,「創造する」ことの楽しさを体感させ,頑張る生徒の姿をそして頑張る教職員の姿,保護者や地域の方々の思いを積極的に受信し発信していきます。

 生徒には,義務教育の締めくくりとなる15歳までに,「自己を認識し,自分の人生を選択し,表現することができる力」をつけ,生徒が将来,志をもってしっかり働き幸せに生きることができることができる人間になるための力をつけることだと考えます。このような力をつけるために,校訓である「自主自律」をめざします。

 「自主自律」のために次の3つのことの大切さを年間を通して具体的に生徒に伝えていきます。

 1 夢や目標を持ち続け,目標達成までの道筋を自分で考えること
 2 信頼される行いをすること
 3 なるべく多くの人,もの,こととかかわってみること

 「前向き Be positive.」

 どうぞご理解ご協力をよろしくお願いいたします。


令和2年4月1日  校長  坂口 直美